JUGEMテーマ:3Dプリンタ

BIOSKILL 3Dプリントサービス

 

 

防災ショップ ダッシュのブログですが、

1年ぐらい医療機器の精度検証をするために骨模型を3Dプリントで製作し、製品化しようと計画していました。

 

そしていよいよ、製品化を行い、3Dプリントサービスも提供スタートしたので案内をしたいと思います。

BIOSKILL 3Dプリントサービス

 

もともと画像のような骨盤の半分の大きさの模型を3Dプリントしようと考えていましたが、国内の大手3Dプリントサービスに見積もり依頼をして驚いてしまいました。

 

 

骨盤はご自身のサイズを見ていただくと分かりますが、30cm×30cm×20cmぐらいでしょうか。

その半分だと30cm×15cm×20cmぐらいになりますね。

 

この大きさで3Dデータを業者へ送付し、見積金額を確認すると石膏模型の場合、だいたい10万円という結果が得られました。

 

私の場合、12患者分を実験で用意できないかとも思っていたので、ちょっと困ってしまいました・・・。

 

 

そこで、海外から製品を輸入している経験から海外のサービスだったらどうなんだろうと調べてみることにしました。

 

そうすると・・・アメリカやヨーロッパの会社の3Dプリントサービスは日本のサービスよりもっと大規模でお得だということが分かりました。

 

もちろん、サイトは英語ですし、送料が高いかもと心配でしたが依頼を決めた会社の送料は26ドル(約3,000円)でした。

 

10万円かかっていた3Dプリント模型がもっと割安になるので送料は全然気にならないと思いました。

そして、早速注文してみたところ、こんな模型が無事に届いて嬉しかったですね。

この模型の材質は石膏ではなく、樹脂(ナイロン)でできています。

ボロボロと削れてくる石膏よりも強度も高そうです。

 

調べたところ耐熱性も高いので、170℃ぐらいまで機械特性も変わらないようです。

 

この材料を使えば、オートクレーブ(高温高圧滅菌)できるので、

研究で細胞培養とか、生体を使った実験をするための容器にも利用できそうですね。

 

 

この画像は製作した模型を裏返したところです。

 

中央には丸棒を挿入できるように中空の円柱を配置しています。

 

こんな複雑な形状も問題なく造形できていました。

 

 

その後、無事に協力いただいている医師の方と実験を行うこともでき、良い結果も得ることができました。

 

特許出願も行うことができたので、製品化も着々と進めることができてとても満足しています。

 

 

★そこで、同じように3Dプリントをしたい人たちをサポートしたいと思い、

3Dプリントサービスをすることにしました。

 

BIOSKILL 3Dプリントサービス

 

海外の大規模3Dプリント施設で製造委託をしているので、品質も高く大幅にコストを下げられると思っています。

 

おそらくこれ以上お得に日本で製作できるサービスはないのではと思います。

 

配送期間が1週間から2週間かかるのが少し課題です。

 

ですが、輸入販売のために国際宅急便とも契約しているので数日でも早く納期短縮できるようにしようとしています。

 

まずは出来上がったサイトを見ていただけるだけでも嬉しいので、ぜひ一度アクセスいただければ、と思います。

 

サイトへはこちらをクリックしてください。

BIOSKILL 3Dプリントサービス

防災ショップダッシュのお店リンク→ http://bosai-dash.com/  
前回は特許出願で自分で出願するか弁理士事務所に依頼するかを記事にしました。

 

 

 

 

今回は弁理士事務所に依頼するために、どのように依頼先を探すか、実際に行った方法を記事にしてみたいと思います。

 

考えた方法は特許情報プラットフォーム J-Plat Patを活用する方法です。

 

このサイトは特許、実用新案、意匠、商標についてキーワードを入れることで検索することが可能になります。

 

 

 

 

 

上記のような画面になります。

 

まずは「特許・実用新案を探す」で出願したい特許に近いキーワードを入力し、類似特許を探し出します。

 

 

発明者、出願人や特許内容を詳しく確認することができます。

 

 

また、特許出願などの手続きに関わった代理人(弁理士)の情報も得ることができるので、関連する特許に関わられた代理人を知ることができます。

 

 

 

また、J-Plat Patでは代理人が関わられた他の特許についても確認することができます。

 

「特許・実用新案」メニューの「2.特許・実用新案テキスト検索」を選びます。

 

 

 

 

「公開特許公報」にチェックをします。

 

 

キーワードの検索項目を「代理人」に変更し、代理人名を入力します。

 

 

さらに検索項目を「公報発行日」に変更し、検索キーワード欄を未入力の状態で「キーワードで検索」をクリックします。

 

 

すると、対応された特許内容を確認することができます。

 

 

1000件以上の場合は「公報発行日」で、たとえば「20130101:」と入力すると2013/1/1以降のものに絞込みできます。

 

 

「:20121231」と入力すると2012/12/31以前のものに絞込みできます。

 

 

 

出願したい特許に類似する特許をどれだけ扱われているかや専門分野を確認することができ、また依頼している出願人の情報も得ることができます。

 

 

 

次は実際に依頼する弁理士の方の地域を確認します。

 

 

この後、google検索で調べても良いかと思いますが、下記のような検索サイトもあります。

 

 

 

 

 

 

 

たとえば、クイック検索を選んでみると、弁理士名を入力して検索することで事務所住所等の情報を得ることができます。

 

 

Google検索で、弁理士事務所のサイトも確認すると事務所の理念、他の弁理士の方、専門分野などを知ることができます。

 

あとは、実際に電話をして相談となるかと思います。

 

 

いかがだったでしょうか?

 

 

依頼を考えている弁理士の方について類似する特許の明細の書き方や対応のされ方を知ることができるこれ以上にない方法ではないかと思います。

 

 

 

前回の記事でも書きましたが、特許出願は自力でもできるとは思いますが、より強い特許にするには弁理士事務所に依頼する方が良いのではと考えています。

 

個人や中小企業で特許出願する場合は費用面で負担になりますが、助成金の活用もできるかと思います。

 

 

 

防災ショップ ダッシュ

 

 

こちらの記事もご覧ください。

 

特許出願をしたい!! その1 自分で出願?弁理士事務所に依頼?

 
防災ショップダッシュのお店リンク→ http://bosai-dash.com/

米国Amazonのおススメです。
海外製品を中心にした魅力的な防災アイテムのネットショップになります。

震度6強でも壁と離れた棚の転倒を防ぎます。ベルトの長さを変えられるのでいろいろな棚のタイプに使えます。
2個セットなのでお得です。



車の乗り降りに役立つハンドバーです。
乗り降り口の金具に差し込んで使用します。





立ち上がるときに力が入りやすくなります。
ハンドバー車用乗り降り補助アイデアグッズ←←商品ページはこちら