防災ショップダッシュのお店リンク→ http://bosai-dash.com/


最大震度7の熊本地震が発生しました。

Wikipedia 熊本地震(2016)

まだまだ余震も心配されておりますが、今後ボランティア等の活動をされる方もいらっしゃるかと思います。
以前の震災対策展示会に参加したときのブログ記事でも記載していますが、どの地域がどんな状況なのか、何を必要とされているかを個人レベルでも調べる方法がありますのでお伝えしたいと思います。

国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)にて開発・運営されているDISAANAというSNS情報を分析するシステムが公開されています。

DISAANA 対災害SNS情報分析システム【リアルタイム版】

国立研究開発法人 情報通信研究機構
対災害SNS情報分析システム「DISAANA」のリアルタイム版を試験公開

このシステムはWeb環境があればPCからでもスマホ・タブレットからでも利用することができます。
具体的にできることとして地震や土砂災害などがあったときにツイッターで投稿されたコメント内容を分析し、投稿された場所が分かるように地図画面上に表示させることができます。
ツイッターは個人レベルで発言できる最も普及した手段だと思うので災害があったときに情報収集するには有効なサービスだと思います。ただ、単にツイッターを確認するだけではどこで投稿された内容なのかや重要度も分かりづらいためDISAANAのようなシステムを活用した方がより良いと考えます。

具体的な使用例を示してみたいと思います。


質問例として、「熊本 地震」と入力してみました。
地図上にたくさんのツイッター投稿を確認できます。
リツイート投稿を省いているのでオリジナルの投稿だけが抽出されています。
内容の信頼性については吹き出しマークの色で確認できます。

吹き出しマークを選んでみると、たとえば次のようなツイッター投稿を見られます。


どこの地域で何を求められているかなどを知ることができます。
(上記のツイートは記載された時間での状況になります。)

人によっては写真つきで現在その場所がどうなっているかをツイートするでしょうし、たとえば避難しようと考えている場所がどうなっているかを確認するのにも利用できるかと思います。
ご参考にしていただけたらと思います。

防災ショップ ダッシュ

こちらもご覧ください。
以前の記事
防災グッズで備えておきたいもの
震災対策技術展 横浜に参加しました 首都直下地震の可能性のある100年に
第6回「震災対策技術展」宮城に参加しました
RISCON2015(危機管理産業展)に参加しました
阪神・淡路大震災の日

防災ショップダッシュのお店リンク→ http://bosai-dash.com/
コメント
コメントする