JUGEMテーマ:3Dプリンタ

BIOSKILL 3Dプリントサービス

 

 

防災ショップ ダッシュのブログですが、

1年ぐらい医療機器の精度検証をするために骨模型を3Dプリントで製作し、製品化しようと計画していました。

 

そしていよいよ、製品化を行い、3Dプリントサービスも提供スタートしたので案内をしたいと思います。

BIOSKILL 3Dプリントサービス

 

もともと画像のような骨盤の半分の大きさの模型を3Dプリントしようと考えていましたが、国内の大手3Dプリントサービスに見積もり依頼をして驚いてしまいました。

 

 

骨盤はご自身のサイズを見ていただくと分かりますが、30cm×30cm×20cmぐらいでしょうか。

その半分だと30cm×15cm×20cmぐらいになりますね。

 

この大きさで3Dデータを業者へ送付し、見積金額を確認すると石膏模型の場合、だいたい10万円という結果が得られました。

 

私の場合、12患者分を実験で用意できないかとも思っていたので、ちょっと困ってしまいました・・・。

 

 

そこで、海外から製品を輸入している経験から海外のサービスだったらどうなんだろうと調べてみることにしました。

 

そうすると・・・アメリカやヨーロッパの会社の3Dプリントサービスは日本のサービスよりもっと大規模でお得だということが分かりました。

 

もちろん、サイトは英語ですし、送料が高いかもと心配でしたが依頼を決めた会社の送料は26ドル(約3,000円)でした。

 

10万円かかっていた3Dプリント模型がもっと割安になるので送料は全然気にならないと思いました。

そして、早速注文してみたところ、こんな模型が無事に届いて嬉しかったですね。

この模型の材質は石膏ではなく、樹脂(ナイロン)でできています。

ボロボロと削れてくる石膏よりも強度も高そうです。

 

調べたところ耐熱性も高いので、170℃ぐらいまで機械特性も変わらないようです。

 

この材料を使えば、オートクレーブ(高温高圧滅菌)できるので、

研究で細胞培養とか、生体を使った実験をするための容器にも利用できそうですね。

 

 

この画像は製作した模型を裏返したところです。

 

中央には丸棒を挿入できるように中空の円柱を配置しています。

 

こんな複雑な形状も問題なく造形できていました。

 

 

その後、無事に協力いただいている医師の方と実験を行うこともでき、良い結果も得ることができました。

 

特許出願も行うことができたので、製品化も着々と進めることができてとても満足しています。

 

 

★そこで、同じように3Dプリントをしたい人たちをサポートしたいと思い、

3Dプリントサービスをすることにしました。

 

BIOSKILL 3Dプリントサービス

 

海外の大規模3Dプリント施設で製造委託をしているので、品質も高く大幅にコストを下げられると思っています。

 

おそらくこれ以上お得に日本で製作できるサービスはないのではと思います。

 

配送期間が1週間から2週間かかるのが少し課題です。

 

ですが、輸入販売のために国際宅急便とも契約しているので数日でも早く納期短縮できるようにしようとしています。

 

まずは出来上がったサイトを見ていただけるだけでも嬉しいので、ぜひ一度アクセスいただければ、と思います。

 

サイトへはこちらをクリックしてください。

BIOSKILL 3Dプリントサービス

コメント
コメントする