防災ショップ ダッシュ
ショップサイト→
 http://bosai-dash.com

JUGEMテーマ:お仕事

ミプロ(対日貿易投資交流促進協会)が開催されたJ-PlatPatを用いた商標検索方法についてセミナーに参加しました。
J-PlatPatは2015年3月から運用開始になった特許情報等の検索サービスになります。

J-Plat Pat 特許情報プラットフォーム
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage
このサイトにアクセスすると特許、商標、意匠等の登録状況を簡単に調べることができます。

以前に防災ショップ ダッシュのオリジナル防災セットを準備するためにJ-PlatPatを使用して意匠登録を調査したことがありますが、今回セミナーに参加した目的は、商標登録をするメリットや便利な検索方法などを知りたかったためです。操作は簡単だけど教えていただかないと気づけないことや商標法の基本について分かったことがあったので行ってみて良かったです。
今回は商標についてセミナー後にあらためて調べたことを記事にしてみたいと思います。

参考:意匠登録の調べ方 箱型防災セットの例
http://blog.bosai-dash.com/?eid=21

ミプロ(一般財団法人対日貿易投資交流促進協会)
http://www.mipro.or.jp/


ベルリン 商標庁

まず、商標とは商品やサービスを誰が提供しているかを認識できるようにするための標識(文字、図形、記号、立体形状)のことで、消費者はその標識から誰が提供しているかがわかり、安心して購入したりサービスを受けたりすることができます。商品やサービスを提供しつづけていればそのブランドが多くの人に知られていくので、信用力が高まって財産的価値が備わってきます。それを勝手に第三者に使われてしまったりしないように商標登録して保護します。

ウィキペディア 商標
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%95%86%E6%A8%99

たとえば高級な財布やバッグで有名なルイヴィトンはLとVの交わったロゴマークやアルファベット表記などが商標登録されています。

J-Plat Pat(特許情報プラットフォーム)・・・下記のサイトで「商標を探す」にし、「ルイビトン」と入力して検索します。
ヒット件数を表示させるとルイヴィトンの様々な商標を見ることができます。
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage

なお、ルイヴィトンのモノグラム柄(4枚の花びらの十字や丸の中に花びらがあるデザイン)は日本の市松模様を参考にされているとも言われています。

参考:Factotum ルイ・ヴィトンの柄は1,300年前の琵琶の柄のパクリなの?


出典:正倉院展67回ポスター

確かにそっくりですね!
セミナー後に講師だった弁理士の先生に商標登録されていても登録前から使われていたロゴ等があったら無効になるのか、このルイヴィトンのロゴの例を思い出して質問してみました。
そうすると、商標については登録した者が権利を持つということでした。特許の場合だと特許出願前にすでに使われている技術があれば無効になりますが、商標は登録した者勝ちのようです。

輸入についても絡めてさらに質問をしました。
たとえば、輸入商品を販売していて第3者がその商品ブランド名を後で商標登録をしたとしたら、前から販売している人は商標登録を無効にできるでしょうか?
回答は・・・市松模様の例と同じで、たとえ先に販売をしていたとしても商標登録した者に権利があるということでした。
これは意外な話でした。
もし輸入商品を正規代理店として販売していたとしても、全然関係ない人が勝手に先に商標登録をしてしまうことも可能なようです。正規代理店となる機会があるときは販売が決まったらすぐに商標登録をしないとなりませんね。

防災ショップ ダッシュ
ショップサイト→
 http://bosai-dash.com

ネコ用ハーネスとバンジーリースを入荷しました。
ネコちゃんを飼われていれば、地震や台風の災害があったとき一緒に避難をしたいですよね?
同行避難を認められている自治体も多いということですが、周りの人へ迷惑をかけないようにするためや迷子になってしまわないようにするためにこのようなアイテムは必要ではと思います。
商品ページはこちら→ http://bosai-dash.com/?pid=95769697


150604toppage.jpg
JUGEMテーマ:海外から個人輸入

ミプロ(対日貿易投資交流促進協会)で外貨決済(海外送金、資金移動業者)についてのビジネスセミナーに参加してきました。
セミナーのあと、改めて調べてみたことを記事にしてみたいと思います。

前回の記事 
ミプロ輸入ビジネスセミナーに参加しました(個人事業主の税務会計処理) 
http://blog.bosai-dash.com/?eid=1 
ミプロビジネスセミナーに参加しました(輸入ビジネスと知的財産権) 
http://blog.bosai-dash.com/?eid=8 
ミプロビジネスセミナーに参加しました(輸入事業者のための電気用品安全法 PSEマーク)
http://blog.bosai-dash.com/?eid=9

ミプロ 資金移動業者 外貨決済 海外送金

セミナーに参加して一番の収穫は海外送金について銀行から行う以外は一般的でないと思っていましたが、資金移動業者に依頼する方が手数料が安く、日数もかからないっていうことを知ることができたことです。
また資金移動業者なんて自分が関わることはないと思ってしまいますが、最近は携帯アプリ、コンビニ、ネットショップ等で電子決済することが増えてきているので知らず知らずのうちに浸透してきているようです。
ですが、規制も厳しいようなので大手の会社しか登録されていないようです。
一般社団法人日本資金決済業協会
http://www.s-kessai.jp/
資金移動業者 会員名簿
http://www.s-kessai.jp/about/member_list.html
→少なくとも1,000万円の資金準備が必要であるようです。
http://www.s-kessai.jp/businesses/funds_transfer_overview.html
→また、100万円までの取引に限っているようです。100万円を超える場合には銀行での取引になるとのこと。
http://www.s-kessai.jp/consumer/funds_transfer/funds_transfer_introduction.html

私のショップでは海外から輸入した商品も扱っていますが、銀行で海外送金をしたことはなく、支払いには世界的に有名なPaypalという会社の決済サービスを利用しています。この会員名簿にももちろん含まれていました。
PayPal ペイパル
https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/merchant
輸入品の仕入だけでなく、ネットショップでお客様からのクレジットカード決済でもこの会社のサービスを利用しています。24時間決済可能ですし、決済された瞬間に販売者にお金が入るというのは大変便利だと感じています。
ですが、ネットショップを開業するまで利用したことがなかったので、なじみがない不思議な仕組みだとも思っていました。
たとえばメールアドレス変更するだけでも、本人確認書類が必要になったり、事業者としてのクレジットカードの承認に手間がかかったりしていましたが、この資金移動業者に対する規制がそうさせていたのかと少し納得しました。
→「犯罪による収益の移転防止に関する法律」(犯収法)の遵守のためと思われます。

資金移動業者は名簿を見ると、楽天株式会社(国内送金のみ)、株式会社NTTドコモ(国内・国際送金ともにあり。携帯電話料金と合算して送金できる。)、LINE Pay株式会社とか、やってそう!!と思えるところの名前があって興味深かったです。
LINEは課金制の音楽配信サービスとかも最近CMで見るし、この資金移動業の登録って今後伸びそうな分野には必要なんでしょうね。

防災ショップ ダッシュ
トップページをちょっと変えてみたので、覗いてみて下さい〜。
http://bosai-dash.com/