防災ショップダッシュのお店リンク→ http://bosai-dash.com/
 
東日本大震災から5年経過しようとしています。



大きな被害をもたらしたこの地震(東北地方太平洋沖地震)は宮城県仙台市の東方沖70kmの太平洋の海底を震源として発生し、巨大な津波が東北地方から関東地方の太平洋沿岸部に押し寄せました。

今日の記事では、この地震をきっかけに整備された日本海溝海底地震津波観測網(S-net)について調べたことをまとめてみたいと思います。
震災の復興はまだまだかもしれませんが、確実に進んでいるすごい取り組みもあるということを伝えたかったので記事にしてみました。


S-net整備の背景として、東北地方太平洋沖地震のときには津波の規模の予測や地震の前兆現象の観測ができる設備が整っていなかったことから計画されました。このS-netは防災科学技術研究所によって運用管理をされます。

防災科学技術研究所 日本海溝海底地震津波観測網(S-net)整備事業

2011年時点の地震計の設置場所はほとんどが陸地にあり、わずか数台海底にあるだけでした。
海底に地震計を設置するのはコストがかかると思いますが、ユーラシアプレートに沈み込んでいる太平洋プレートのまさに境界である日本海溝海底で地震は頻発しているので、ここを観測するのは利にかなっていると考えます。

このS-netで北海道、東北地方、関東地方の太平洋側沿岸部と日本海溝の間に総延長5,700kmもの光ケーブルと150の観測装置が敷かれます。

引用元:防災科学技術研究所 S-net整備事業

図を見ると日本海溝の大陸側はケーブルがうねうねと曲げてあることで東西南北に一定数の密度の観測点があることと日本海溝の太平洋側にも観測点を設けてあることが分かります。
先日参加した震災対策技術展の講演によると各観測地点には地震計と水圧計が備わっているということです。地震計で地震の強弱、水圧計で津波の状況を知ることができるようです。
この観測網によって地震の発生は現在より最大30秒早く検知ができ、津波は20分早く検知ができるとのことです。



引用元:防災科学技術研究所 観測装置着水作業

講演を聴いて興味深く感じたのは観測点の密度を一定になるようにしたこと、検知した情報を観測点からケーブルの両方向に流すことでケーブルに断裂があっても問題が生じづらくなるようにしているということでした。
また観測点にある地震計、水圧計は海底でどんな方向を向いても計測できるものを採用されているとのことでした。
いろいろな面で工夫が行われていると感じました。
広大な場所に設置する重要度の高い設備だと思いますが、十分な情報が得られ、また得られた情報が欠落しづらくなっており、長期間の使用に耐えられるように考えられていると思いました。

S-netによる地震・津波情報の精度・速度向上や地震研究に期待したいと思います。
日本は地震大国ですが、地震の対策技術も世界最高レベルだと思います。
今後も大地震・津波の心配はありますが、真正面からの取り組みができれば乗り越えていけるのではと思います。

防災ショップ ダッシュ

こちらもご覧ください。
以前の記事
震災対策技術展 横浜に参加しました 首都直下地震の可能性のある100年に
第6回「震災対策技術展」宮城に参加しました
RISCON2015(危機管理産業展)に参加しました
阪神・淡路大震災の日

防災ショップダッシュのお店リンク→ http://bosai-dash.com/

揃えた方が良い防災グッズを紹介しているので、下記ページを参考にして下さい。
http://bosai-dash.com/?mode=f1



スクラバウォッシュバッグ Scrubba wash Bag
キレイなライムグリーンの手動洗濯袋です。電気が止まっていても洗濯できます。水の量も洗濯機の1/10に抑えられます。
海外旅行や長期の合宿、出張時にも使用できます。荷物を減らせる便利商品です。
→→スクラバウォッシュバッグの商品ページはこちらです←←

防災ショップダッシュのお店リンク→ http://bosai-dash.com/

2016年の確定申告期限(3/15まで)が差し迫っていますね。
事業をされている方ですと、すでに提出された方も最後の追い込みをされている方もいらっしゃるかと思います。



青色申告をするために「やよいの青色申告オンライン」を使用しておりますが、簡単に申告書類を作成することができました。
ネットワークを介して日々の売上や仕入金額を入力するのでPCが異なっても作業ができたり、ソフト不具合があっても随時修正してもらえるところが良いところだと思います。


ただ、1年ぐらい毎日売上や仕入の入力をしてみて感じたことは、私のネットワーク環境だと画面更新等の時間がちょっと遅くてイライラしました。
たとえば1件の売上を登録するのに30秒ぐらいかかっていました。
数十件登録すると1時間以上かかってしまうので、時間短縮できる方法を調べてみました。


そうするとエクセルで作成したデータの取り込みができることが分かり、圧倒的に時間短縮できたので記事にしてみたいと思います。
今後も青色申告オンラインを使用している方には役に立つ内容だと思います!!


カスタマーサポートに相談したところ、下記のサポートページを教えていただきました。
弥生データのインポート


例として売上情について、インポートさせるデータの作り方から含めての手順をこの記事では書いてみます。


[1]下図のような情報をエクセルに入力します。




例では売上の場合となります。
A列:「2000」→伝票以外の仕分データを意味します。
D列:日付
E列:「売掛金」
F列:取引先名(販売先)→15文字を超えると切り捨てられます。
H列:「対象外」
I列:売上金額
J列:「0」
K列:「売上」
N列:「課税売上込8%」
O列:売上金額
P列:貸方税金額→売上金額×0.08/1.08の小数点以下を切捨てた金額
Q列:商品名→30文字を超える部分は切り捨てられます。
T列:「0」
U列:「会OL」
Y列:「no」
★「」内の単語はそのまま入力して下さい。


それぞれの列の詳しい意味は下記サポートページに説明があります。
[弥生データのインポート]でインポートできる弥生インポート形式
難しそうですが、「」内は単にそのままコピペすれば良いだけです。


一つだけ大事なのはP列の計算です。
「売上金額×0.08/1.08の小数点以下を切捨てた金額」はエクセルでは下記を入力して下さい。
=ROUNDDOWN(O列セル値*0.08/1.08,0)


あとは取引件数分の行を追加していきます。
これで、エクセルで必要な情報はできたことになります。


エクセルが完成したら、「カンマ区切りのCSV形式」で別名保存をして下さい。
例だと「160309売掛入力.csv」というファイルができます。


ここからは「やよいの青色申告オンライン」での作業になります。

メインメニューにある「弥生データのインポート」をクリックし、先ほどのCSVファイルを選択します。


「次へ」をクリックすると、下図の画面が現れます。

インポート開始ボタンをクリックします。


かんたん取引入力を確認すると、下図のように正しく登録されていることが分かります。


一発でデータが取り込まれるので、作業時間がかなり圧縮できます。
エクセルでデータ入力する方がコピペができたりする分、「やよいの青色申告オンライン」に一件ずつ入力するより明らかに早くできます。


なお、売上のみ取り上げましたが、メインメニューで「弥生データのエクスポート」を行うとすでに入力していた取引をテキストファイルでダウンロードができます。
これをエクセルで読み込めば売上以外の入力例も見ることができます。
仕入や備品購入等も一発でデータ入力したいときには応用していただければ、と思います。


確定申告前に1年分まとめて作業されているような場合はこの方法使わずには完了できないのではとも思います。
確定申告乗り切りましょう!!

こちらもご覧下さい。

弥生株式会社様に取り上げていただいた記事:
やよいの青色申告オンライン導入事例
前回記事:
やよいの青色申告オンラインで会計入力 ショッピングモール経由での売上の入力方法
やよいの青色申告オンラインで会計入力クレジットカードの引落とし入力方法

防災ショップダッシュのお店リンク→ http://bosai-dash.com/

ちょっと変わった日本にはない防災にも使える商品を扱っています。
お店の商品もみていただけたらと思います。

スクラバウォッシュバッグ Scrubba wash Bag
キレイなライムグリーンの手動洗濯袋です。電気が止まっていても洗濯できます。水の量も洗濯機の1/10に抑えられます。
海外旅行や長期の合宿、出張時にも使用できます。荷物を減らせる便利商品で、見た目もオシャレなので大人気です!!
→→スクラバウォッシュバッグの商品ページはこちらです←←


サンフレア ミニソーラーオーブン
燃料が入らず、太陽光で調理ができます。バックパックにも入るぐらいの大きさなので登山、キャンプ、屋外イベントのときにも活躍します。
→→ミニソーラーオーブンの商品ページはこちらです←←