JUGEMテーマ:海外から個人輸入

アメリカのネットショップ等で商品を買いたいとき、日本へ配送してくれるショップはそれほど多くはないのではと思います。
そんなときにはMyUSという荷物転送会社を利用すると便利です。
http://www.myus.com/
MyUS

登録の仕方はいろいろなサイトで案内があるので省略しますが
今回初めて発送をしたのでその流れを紹介してみたいと思います。

MyUSに登録すると、自分用の倉庫の住所がもらえます。
私の場合、クレジットカード情報が漏れないから安全かと思って支払方法をPaypalで登録してしまいましたが、
配送や初期登録の割引が受けられないことに気づき、サポートセンターへメールしてカード決済に変更をしてもらいました。
MyUSはスタッフのサポートもウリにしたいと思われているようで、すぐに対応してもらえました。

登録さえしてしまえば、ショップでの購入時に配送先を自分の倉庫の住所にすれば良いだけです。
納品されると、MyUSのサポートからメール連絡があります。
またMyUSのサイトでMY ACCOUNTのINBOXページに届いた商品の情報が下図のように記載されていきます。

MyUS

当然、まとめて送ったほうが安くなります。
SERVICES & RATESのメニュータグを選択すると下図のように概算送料が計算できます。
アメリカから日本へ送る場合、たとえば20.8lbs(ポンド)だとそれぞれの配送方法に応じて金額が表示されます。
DHL Expressだと1-4営業日の配送で124.85ドルとなっています。
WS000006.JPG

配送の計算の仕方は重さに依存しているようです。
同じ重さなら鉄アレイでも、かさばるチャイルドシートでも同じという説明になっています。
WS000007.JPG

重さと送料をいろいろ変えていくらになるか試してみたところ、
15kg(≒33lbs)ぐらいにしないと1kgあたり1,500円ぐらいの配送料にならないので
今回はそれを目標に仕入を行いました。

・・・それで、いざ発送です。
MY ACCOUNTのINBOXページの下にあるCreate Ship Requestアイコンを押すと配送の条件を決められます。
WS000001.JPG

下図のように今回は設定してみました。
1-4営業日での配送で一番安かったのでDHL Expressを選択しました。
「Shipping Options」ではさらにいろいろと条件を選択できます。
「Shipment Insurance」で保険をつけています。
「Include new packages that arrive before・・・」にチェックすると配送前に新しい荷物が届いた場合に含めてくれるようです。
「Packing Option」では梱包方法の条件を選択できます。
「Ship in original shipping boxes」でMyUSに届いたときの箱をそのまま梱包するか決められます。
「Fragile stickers」で壊れ物注意ステッカー(2ドル)がつけられます。
「Add extra packing」で緩衝材を増やしてくれるようです(5ドル)。
WS000003.JPG
WS000004.JPG

これでOK!!にすると配送準備が開始されます。OUTBOXに履歴が反映され、MyUSサポートからメールが届きました。
WS000005.JPG

これで後は待つばかりです!!

防災ショップダッシュ!!
当店ではMatadorのポケットブランケットを扱っています。
防災だけでなく、遊びにも使えるコンパクトなレジャーシートです。
米国アマゾンでの評価も確認できますよ!